脱毛方法には光で脱毛するフラッシュ脱毛、レーザーの照射で脱毛するレーザー脱毛、電気を通した針で脱毛するニードル脱毛があります。脱毛方法を読んだだけでもどれが一番痛いか分かりますね。脱毛にも一時的なものと持続性の高いもの、半永久的なものがあります。

基本的にどの方法でも永久脱毛とよばれる施術は可能ですが、永久脱毛が本当に永久である保証はないのです。フラッシュ脱毛は永久脱毛とは言わず減毛というかたちの方法になります。出力が弱い分持続性はあまり期待できません。

レーザー脱毛は肌の表面にレーザーを照射して毛根の毛母細胞、毛乳頭を直接破壊するので永久脱毛としての効果は高いですが、それでも産毛には効果がないなどのデメリットもあります。永久脱毛をしたいのであればレーザーよりもニードル脱毛の方が効果は高いです。

しかしニードル脱毛はとても痛いです。施術を受けた人ほぼすべてが痛い、と言うほどです。また、費用もフラッシュ脱毛やレーザー脱毛と比べ物にならないくらい高いです。施術を受ける際はその辺りの事情を覚悟して臨みましょう。

そこで、気になるのが全身脱毛の料金相場はどのくらいなの?ということです。ニードル脱毛で全身脱毛をする人はいませんが、レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の相場って結構気になりますよね?

大体平均するとレーザー脱毛で50万円~60万円、フラッシュ脱毛で30万円~40万円が全身脱毛の相場です。

日焼けしていても脱毛できますか?

日焼けしていても脱毛できるのでしょうか。これは残念ながらできません。日焼け直後の脱毛はできないことになっています。日焼けした場合、脱毛するには、肌状態が落ち着いてからでないとできません。なぜ日焼けすると脱毛できないのかというと、肌にダメージを与える危険性があるからです。

脱毛する場合、メラニン色素に反応する光を肌に照射することになります。日焼けした肌というのは黒くなっていて、その状態で脱毛を受けると、光が肌に反応してダメージを与えることになります。場合によってはヤケドを引き起こす可能性もあります。また、日焼け後の肌は非常に敏感になっています。全身脱毛を梅田する前には注意をしなければいけません。

日焼けした肌はとても乾燥していて、刺激を受けやすい状態です。ヤケド状態に近く、ヒリヒリすることもあります。そうした状態で脱毛を受けるのは肌にとっては自殺行為です。痛みや赤み、腫れなどのトラブルが発生するリスクが高まります。

また、日焼けした状態で脱毛すると、ムダ毛や毛穴の位置を特定しにくく、効果的な脱毛ができかねません。ニードル脱毛の場合、肌の色は関係ないので、日焼けしていても施術が受けられる可能性はありますが、それでも、毛穴が特定できないほど日焼けしている場合、脱毛を断られます。